2010年05月26日

伸び悩むW杯観戦ツアー=治安悪さや日本代表不振で―サッカー(時事通信)

 6月11日開幕するサッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に向けた観戦ツアーの販売が伸び悩んでいる。南アへの距離が遠く、50万円台のツアーもあるなど旅費がかさむ上、現地の治安の悪さも響いている。24日の壮行試合で韓国に0―2で敗れるなど、前哨戦での日本代表の不振も足を引っ張っているようだ。ツアーを手掛ける主要旅行4社の担当者からは「2006年のドイツ大会より出足が鈍い」とため息が漏れる。
 JTBは4月、0〜1泊4日で現地を訪れる「弾丸ツアー」を発売した。短期間で効率的に観戦できるのが特徴で、料金は39万〜40万円。ただ、応募は定員400人に対し3割程度と、前回のドイツ大会で完売したのとは対照的だ。W杯関連ツアー全体でも申し込みは定員の7〜8割程度という。
 日本旅行は、パンフレットでホテルは24時間巡回警備があると説明するなど、治安の問題を心配するサポーターらに配慮。現地での宿泊と移動手段のみ提供する割安な商品も販売、アピールに努めている。W杯関連ツアーへの申し込みは定員の7割弱だが、同社は「問い合わせは1日に70〜80件来ている」と、開幕直前の盛り上がりに望みを託している。 

仕分け後半戦、傍聴席の反応冷ややか…空席も(読売新聞)
<淀川女性遺体>宇野さんの養父自殺 外出先から不明に(毎日新聞)
臓器移植ネットに「思い切った普及啓発活動を」―省内仕分け(医療介護CBニュース)
脱派閥へ自民若手ら新グループ(産経新聞)
黄色ブドウ球菌退治に期待=別種細菌の酵素―慈恵会医大(時事通信)
posted by ゴトウ キヨハル at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。