2010年05月28日

宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は25日午前、政府の行政刷新会議が事業仕分けで「廃止」と判定した宝くじの関連事業をめぐって原口一博総務相と協議し、「天下り問題についての問題意識は共有しているが、直ちに発行認可を止めるという話ではない」と述べ、発売中止を求める方針を撤回した。枝野氏が閣議後の記者会見で明らかにした。

 刷新会議は21日の仕分け作業で、天下り役員の高額な給料、豪華なオフィス、都道府県から受け取った収益の分配方式が複雑であることなどの問題が解決されるまでは、宝くじ発売を中止するよう原口総務相に要請すると結論づけていたが、わずか4日間で、事実上撤回した格好だ。

 一方、行政刷新会議は25日、「事業仕分け第2弾後半戦」の最終日の作業に入った。午前には、司法協会(法務省所管)が請け負う裁判記録のコピー業務などを議論。刑務所で独占的に物品販売する矯正協会(法務省)の刑務作業協力事業も審議する。

 午後には、全日本トラック協会(国土交通省)による「都道府県トラック協会からの出捐(しゆつえん)金による事業」のほか、道路の下に穴が空いていないかを調べる道路保全技術センター(国交省)の調査事業なども取り上げる。仕分けの後半日程は同日中に終了する予定だ。

【関連記事】
小宮山議員の兄ら逮捕 「宝くじ売り場の権利譲る」と詐欺容疑 
庶民の夢は?仕分け人「天下り解決まで宝くじ販売停止を」
宝くじも…庶民の「夢」仕分け
「宝くじ販売停止」ヤジと拍手わく興奮状態
事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」
虐待が子供に与える「傷」とは?

<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)
ライター安全規制を決定…既存品の9割以上(読売新聞)
これからも応援したい、と思う一発芸人は?(Business Media 誠)
法人税引き下げ提示 民主マニフェスト企画委(産経新聞)
<失業>パーソナル・サポート導入など検討 政府チーム(毎日新聞)
posted by ゴトウ キヨハル at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。